The CX and Digital Leaders’ Virtual Roundtable

An exclusive online discussion for CXM leaders of prominent firms in Japan

お客様のニーズがますます複雑化する中、企業は従来の顧客エンゲージメントと今後の展望との橋渡しをしなければなりません。

このオンライン会議では、CXの重役の方々が一堂に会し、コーディネートされたCXがビジネスに与える影響を最大限引き出すために必要な課題や機会を議論します。参加者は、主要なグローバルブランドがどのようにしてコンテンツにコンテキストを提供し、ワークフローにコラボレーションを提供しているのか、また、どのようにしてよりつながりのあるCXマネジメントを実現し、会話を効果的に商売に結びつけているかを学びます。

職種は、日本の著名企業のCXO、VP、DXの責任者やディレクターなど、決定権をお持ちの方を対象としています。

こちらのイベントは招待制です。もちろん参加費は不要です。

顧客の経験に精通したビジネス上の必須事項

ブランドというものは、そのブランドが抱える消費者のニーズに対してどのような対応をするかによって定義されます。
消費者がブランドに期待するのは、ブランドが彼らのお客様にしっかりと耳を傾け、理解し、それに基づいて行動すること、です。

様々なカスタマーとのタッチポイントで発生する顧客体験は、ブランドが抱える課題に対処する上で非常に貴重であることがわかります。これにより、よりパーソナルで親密な、関連性の高い繋がりが得られます。企業はこれまでにないほど最新のCX(カスタマー・エクスペリエンス)の向上の為に行動することが求められます。

  • 顧客体験をマネジメントする上で統合型プラットフォームはポイントソリューション型のプラットフォームに対してどのように評価され、どのようにサイロを排除できるのでしょうか?
  • 企業はどのようにして人、プロセス、テクノロジーに優先順位をつけているのでしょうか?
  • 企業は、より多くのチャンネルでより多くの顧客に関するデータの流入に対して、どのような対応をとっているのでしょうか?

午前 10:00 The Ortus Clubからのご挨拶
        10:10 参加者のご紹介
        10:20 Sprinklrからのご挨拶
        10:30 ディスカッションの開始
        11:15 セッション終了

Sprinklrは、世界をリードする顧客体験管理(Customer Experience Management: CXM)プラットフォームであり、組織・企業があらゆるデジタルチャネルを通じて顧客の声を傾聴し、顧客を理解し、顧客に尽くすために必要な機能とサービスを提供しています。ニューヨークに本社を構え、世界各国に2000名以上の従業員を擁するSprinklrの顧客には、ロレアル、マクドナルド、マイクロソフトなど、世界で最も価値ある企業のほか、Fortune 100に名を連ねる企業の半数以上が含まれています。詳細については、当社ウェブサイトをご覧ください。

2021年5月27日(木)

午前10:00~11:15


主催者:

MeganThe CX and Digital Leaders’ Roundtable